この時期食べるべき食材、長寿の食事はここが違う

食事に注意

こんにちは、
Isamu de Farm手島勇二です。

いよいよ先週より、
甲州小梅の収穫が始まりました。

今は、
出荷分を少しづつ毎日収穫しているのですが、

昔は、

業者さんに出荷していたので、

この時期になると、
家族や親戚が集まり、

1日かかりで、
収穫作業、
やっていました。

今みたいに、
軽トラックなど無かったので

リヤカーって分かります?
人力車の後ろの部分が荷台になっている、
云わば「荷車」

小梅収穫にはリヤカー

これに、

「おにぎり」とか「お茶菓子」など積んで、
「エッチラ」「オッチラ」畑に向かうわけです。

この辺の人は、

梅落とし作業

こんな風に呼んでいました。

と言うのも、

今は、
一粒づつ、
傷まないように手もぎなのですが、

以前は、
この甲州小梅の収穫作業は、

梅の木の下」や「木の周り」に
言うなれば”ブルーシート”みたいな、
ビニールシートを貼って、

梅が土の上に落ちても、
汚れないようにしたわけです。

準備が出来たら、

梅の枝を、
”竹の竿”とか”ビニールパイプ”で叩いて、
梅を振るい落とすわけです。

海外だと、

プルーンの収穫の時
木を揺すって落とす
あんな感じです。

梅の木にとってはいい迷惑だと、
思いますが。。

そして、

ビニールシートに落ちた小梅を集めて、
枝や葉っぱを取り除き、
小梅の引き取り業者さんに出荷。

青空のもと、

一生懸命働くと、
”お腹だってペコペコ”

そこで、
リヤカーの荷台に積んできた”おにぎり”
これの登場となるわけです^^。

おにぎり

私もちょっと、
うる覚えなのですが、

おにぎりの中身は、

確か、

”とか、
おかか

付け合わせとして、

この時期、
畑で収穫できる菜っ葉など、、

多分、

大根の葉の塩もみや
アスパラガス・さやえんどうの塩茹でとか、
野沢菜の漬物

塩鮭がちょっとあったかな?

そして、

自宅で収穫した新茶、
これを飲みながら、
木の下でお昼休み。

20分でも、
疲れが取れるんですよねぇ^^.

一息ついたら
午後からまた続きの仕事に勤しんだ。。

そんな記憶があります。

一番のご馳走は、
お腹が空いていることかもしれませんが、、

何はなくても、
季節のものが並んだわけです。

今みたいに、

お肉や揚げ物がいっぱい入った、
行楽弁当なんて、

考えられませんでした。

海のない県なので、
鮮魚なんて食べられなくて、
ちょっと寂しい気もしますが、

こう言ったものを食べていたから、
健康をあまり、
気にせず入られたのでは??

今、
日本人は飽食と言われています。

ちょっと手間はかかるけど、

お母さん・おばあちゃんが作っていた
昔ながらの食事、
あなたも見直して見ては如何

ちなみに、
甲州小梅の収穫作業は、
今週いっぱい5月27日(土)でおしまい。

カリカリ用、漬け梅用、梅干し用
にご注文したい方は、
お早めに、、

http://isamudefarm.com/cgi-bin/goodsprev.cgi?gno=kk_um001

Isamu de Farm 手島勇二

ミックスロゴ