どうせ食べるなら身体によいもの。でも、甘い物も好きです

お茶の葉

こんにちは

Isamu de Farm 手島勇二です。

童謡に「茶摘み」
と言う歌があります。

夏も近づく八十八夜、・・

春から夏に季節が向かっていくことを
詩にしているのですが、

ゴールデンウィークの頃が
茶摘みの季節になるのは、
みなさんもご存知かなと思います。。

Isamu de Farmには、
「茶畑」ありませんが、

お茶の木が何本かあり、

 

5月あたまから、
中ごろにかけて収穫をおこないます。

    • 蒸して、
    • 手で揉んで、
    • 乾かして、

量は少ないですが、

お茶をいただいております。
(贅沢三昧^^)

このお茶と言うのも、
自然があいてなので、

年によって、
上手に出来る時と
いまいちの時

あるんですよねぇ。

ちなみに、

今年は上手に出来た年となり、

先日、
知り合いが集まった食事会のとき、

出してみたところ、
こんな美味しいのは、初めて飲んだ
香りが凄く良い

そんな話で盛り上がりました。

収穫から乾燥させるまで、
乾燥機をつかったこともあり、
丸1日と超スピードコースで仕上げました。

乾燥機のよこで、
仕事をしていると、

横から「ほわ~ん」と

匂い、香りがものすごくよく、
これはきっと、良いハーブティーになるのでは?

そんな気がしていたのです。

なんと言ったらよくわからないのですが、

人工的な香りだと、
しつこい」と言うのですか、
飽きちゃう感じってあると思います。

ですが、

今回この香りは、
なんど嗅いでも、
その度に「心を落ち着かせる」

とでも言うのでしょうか?

嫌な気持ちにさせないのです。

格好良くいうなら、
日本人のDNAに合っている。

そんな香りでした。

まぁ、そう考えると、

自然と言うのは、
人間がどうやっても太刀打ちできないんだなぁ。
そんな風におもいますねぇ。

人間が一生懸命、
○○風」とかいって作っても、

所詮、偽物。

見た目や、形は近くても、
栄養とかは、まだまだ。

こう言ったことがほとんどです。

白砂糖をつかっているお菓子など最たるもので、
からだに毒などといわれています。

私たちは、
もしかするとお金をだして、
身体を痛めつけ、
壊しているのかな?

そんな風にも思いませんか?

なので、

どうせお金をだすなら、
食べるものくらい、
本物摂るようにしたらいかがでしょうか?

ちなみに、

夏場のお腹の整腸薬と言われる、
甲州小梅」の収穫が
今週末からはじまります。

人気の商品で、
早い人だと昨年の夏位から、
すでにお申込みいただいているかたもいます。

まだ少し余裕があるので、
今年はあなたが漬けてみては如何でしょうか?
ご興味あるかたはこちら、
http://isamudefarm.com/item/koume/kousyu-koume/

ちなみに、

梅干しの販売もしていますが、
季節ものなので早めのご注文おまちしております。
350g(680円)出荷時期は漬け梅(6月後半~7月あたま)

こまめに塩分補給して楽しい夏すごしましょう!

Isamu de Farm 手島

 

ミックスロゴ